12月
18

難易度高のIT資格取得ではスランプに注意

By · Comments コメントは受け付けていません。

昨日まで出来ていたことが急にできなくなるということはよくあります。人前で話をするというのにも昨日までスラスラ言えていたのに急に詰まることが多くなったというようなことです。怖いのが一度そういうことがあるとまたそうなってしまうのではないかと思うことです。たまたま慌てていてそうなったということもあるのですが、それが大勢の前などになると印象が強くなってしまいます。元に戻ろうとするときには時間がかかることがあります。
難易度高のIT資格の取得を目指して勉強をしているという時にもそういうことがあります。今まで解けていた問題が急に解けなくなるというものです。せっかく勉強をしていたのにそれが無駄になってしまうと焦ってしまいます。余計に勉強が身に入らなくなるということがあります。こういうことは誰にでもあるスランプと考えられます。勉強以外に重要なことがあるときに一時的に思い出せなくなったということだと思います。流行り出来るだけ早く抜け出すようにしたいです。
こういう場合にはリフレッシュをするということがあります。焦れば焦るほどより勉強が身に付かなくなることがあります。勉強というのは継続するとより効果が得られますから何日も休んでしまうとそれだけ効果がなくなってしまいます。本当のスランプになってしまうのです。それより1日であったり1時間であったり試験のことをすっかり忘れるようにします。そうすることでまた新たな気持ちで継続することができるということがあります。

Categories : 難易度
Comments コメントは受け付けていません。
11月
18

仕事に生かすIT資格と難易度

By · Comments コメントは受け付けていません。

現在どのような仕事に就きましてもパソコンを使用しての管理が必要となっています。応募要項に明記されていなくてもパソコンが使えるかそうでないかによって採用に影響を与えることは間違いないでしょう。簡単な表計算やワープロソフトが使用できることは当然ですが、職種によっては難易度の高いIT資格が必要になってくるものもあるのではないでしょうか。自分が就きたい仕事の内容を考えて資格の取得を目指したほうがよいでしょう。また必要とされていなくてもスキルアップの為に勉強してみてもよいのではないでしょうか。
一口にIT資格と言っても種類は様々のようです。大きく分類しますと国家資格と民間資格に分かれています。その中でも難易度も様々です。しかし、難易度の高い資格を目指せば良いというものでもなく、職種に合わせて選択した方が良いでしょう。例えば3次元CAD利用者技術試験などはパソコンのスキルというよりは建築や機械設計などに応用される資格ですので、他のIT関連の資格とは違うと思います。もちろん各種設計図を作製する上で必要なスキルですので、そのような資格を取得すると就職でも仕事上でも有益でしょう。ちなみにインターネット検定「ドットコムマスター」のトリプルスターというレベルは最難関で合格率は7%程だそうです。しかも民間資格ということです。国家資格よりも難しい資格というものもあるのですね。ぜひ自分の仕事上で有利な資格を取得しておきたいものです。

Categories : 難易度
Comments コメントは受け付けていません。
10月
18

IT資格の難易度について

By · Comments コメントは受け付けていません。

IT資格はたくさんの種類があり、その難易度もさまざまである。IT資格の代表例といえば、情報処理技術者試験であるが、それらの難易度を考えてみる。まず、もっとも簡単とされるITパスポート試験であるが、これは多少のリテラシーのある方であれば、問題集を一冊こなせば十分合格できるだろう。
基本情報技術者試験、応用情報技術者試験は旧第二種、第一種譲歩処理技術者試験と言われていたもので、IT系の仕事につくならば、少なくなくとも入社1、2年目で基本情報処理、その後は応用情報処理試験と、順番に取得しておくことが望ましい。応用情報技術者試験ともなると記述式の問題もあるので、単なるラッキーでは勝負できない試験となっている。まじめに勉強する必要がある。
いわゆる高度種といわれる試験は、専門分野に特化した試験となっており、ITストラテジストやプロジェクトマネージャ試験などは、情報処理試験の中でも最高難度とされる。これらの試験は、単なる技術の知識だけでなく、経営的な課題を解決するための問題も出題される点で、それ以前の試験とは趣が大きく異なっている。ITエンジニアにとってはあまりなじみが無い分野なので、勉強に苦労するだろう。一方、同じ高度種でも情報セキュリティスペシャリストは比較的とっつきやすいと言える。いわゆるエンジニアの常識にたらして考えれば、回答を導きやすい問題が多いためだ。それでいて、今後の注目度が高まりそうなセキュリティ分野でもあるので、ぜひ狙ってみる価値はあると思う。

Categories : 難易度
Comments コメントは受け付けていません。
10月
18

IT資格の難易度について

By · Comments コメントは受け付けていません。

IT資格はたくさんの種類があり、その難易度もさまざまである。IT資格の代表例といえば、情報処理技術者試験であるが、それらの難易度を考えてみる。まず、もっとも簡単とされるITパスポート試験であるが、これは多少のリテラシーのある方であれば、問題集を一冊こなせば十分合格できるだろう。
基本情報技術者試験、応用情報技術者試験は旧第二種、第一種譲歩処理技術者試験と言われていたもので、IT系の仕事につくならば、少なくなくとも入社1、2年目で基本情報処理、その後は応用情報処理試験と、順番に取得しておくことが望ましい。応用情報技術者試験ともなると記述式の問題もあるので、単なるラッキーでは勝負できない試験となっている。まじめに勉強する必要がある。
いわゆる高度種といわれる試験は、専門分野に特化した試験となっており、ITストラテジストやプロジェクトマネージャ試験などは、情報処理試験の中でも最高難度とされる。これらの試験は、単なる技術の知識だけでなく、経営的な課題を解決するための問題も出題される点で、それ以前の試験とは趣が大きく異なっている。ITエンジニアにとってはあまりなじみが無い分野なので、勉強に苦労するだろう。一方、同じ高度種でも情報セキュリティスペシャリストは比較的とっつきやすいと言える。いわゆるエンジニアの常識にたらして考えれば、回答を導きやすい問題が多いためだ。それでいて、今後の注目度が高まりそうなセキュリティ分野でもあるので、ぜひ狙ってみる価値はあると思う。

Categories : 難易度
Comments コメントは受け付けていません。
9月
18

比較的取りやすい難易度のIT資格

By · Comments コメントは受け付けていません。

IT資格といっても難易度にかなりの差があるらしい。難易度で調べてみて今回は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)と同じくらいの難易度のものはどんなものがあるのか調べてみました。まず、マイクロソフトオフィススペシャリストは、マイクロソフト社のWord,Excel,Powerpointに関する出題がされているという。そして、この試験は、実際のアプリケーションを利用して行う実技があるため、どの程度wordが使える、どの程度excelが使えるというのが目に見えて分かるようになるという。また、資格による転職のアピールだけでなく、対策をしていくことで実務力もアップすることを念頭に作られているという。
同じくらいの難易度として、初級シスアドという情報技術に関する一定の知識・技術が問われるテストがある。この初級シスアドは、利用者側からみた情報技術の一定の知識や技術を見るテストとのことである。分析手法と品質管理、パーソナルコンピューター、ソフトウェアなどやはり利用者側からみたテストである。
他に、これらと同程度の難易度の資格試験としてCCNA(CiscoCertifiedNetworkAssociate)というCiscoSystems社が出しているテストがある。このCCNAというのは、ネットワーク市場で多くのシェアを持っている同社のルーターやスイッチに関する知識・技術を有することを証明する資格である。同社のテストには、4つのレベルの専門性が設けられており、CCNAは、3番目に専門性の高いアソシエイトという認定が受けられる。

Categories : 難易度
Comments コメントは受け付けていません。
9月
18

比較的取りやすい難易度のIT資格

By · Comments コメントは受け付けていません。

IT資格といっても難易度にかなりの差があるらしい。難易度で調べてみて今回は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)と同じくらいの難易度のものはどんなものがあるのか調べてみました。まず、マイクロソフトオフィススペシャリストは、マイクロソフト社のWord,Excel,Powerpointに関する出題がされているという。そして、この試験は、実際のアプリケーションを利用して行う実技があるため、どの程度wordが使える、どの程度excelが使えるというのが目に見えて分かるようになるという。また、資格による転職のアピールだけでなく、対策をしていくことで実務力もアップすることを念頭に作られているという。
同じくらいの難易度として、初級シスアドという情報技術に関する一定の知識・技術が問われるテストがある。この初級シスアドは、利用者側からみた情報技術の一定の知識や技術を見るテストとのことである。分析手法と品質管理、パーソナルコンピューター、ソフトウェアなどやはり利用者側からみたテストである。
他に、これらと同程度の難易度の資格試験としてCCNA(CiscoCertifiedNetworkAssociate)というCiscoSystems社が出しているテストがある。このCCNAというのは、ネットワーク市場で多くのシェアを持っている同社のルーターやスイッチに関する知識・技術を有することを証明する資格である。同社のテストには、4つのレベルの専門性が設けられており、CCNAは、3番目に専門性の高いアソシエイトという認定が受けられる。

Categories : 難易度
Comments コメントは受け付けていません。
8月
18

仕事に生かすIT資格と難易度

By · Comments コメントは受け付けていません。

現在どのような仕事に就きましてもパソコンを使用しての管理が必要となっています。応募要項に明記されていなくてもパソコンが使えるかそうでないかによって採用に影響を与えることは間違いないでしょう。簡単な表計算やワープロソフトが使用できることは当然ですが、職種によっては難易度の高いIT資格が必要になってくるものもあるのではないでしょうか。自分が就きたい仕事の内容を考えて資格の取得を目指したほうがよいでしょう。また必要とされていなくてもスキルアップの為に勉強してみてもよいのではないでしょうか。
一口にIT資格と言っても種類は様々のようです。大きく分類しますと国家資格と民間資格に分かれています。その中でも難易度も様々です。しかし、難易度の高い資格を目指せば良いというものでもなく、職種に合わせて選択した方が良いでしょう。例えば3次元CAD利用者技術試験などはパソコンのスキルというよりは建築や機械設計などに応用される資格ですので、他のIT関連の資格とは違うと思います。もちろん各種設計図を作製する上で必要なスキルですので、そのような資格を取得すると就職でも仕事上でも有益でしょう。ちなみにインターネット検定「ドットコムマスター」のトリプルスターというレベルは最難関で合格率は7%程だそうです。しかも民間資格ということです。国家資格よりも難しい資格というものもあるのですね。ぜひ自分の仕事上で有利な資格を取得しておきたいものです。

Categories : 難易度
Comments コメントは受け付けていません。
8月
18

IT資格の難易度の低いものから受験

By · Comments コメントは受け付けていません。

パソコンといいますと今は小学校の授業でも使われるようになっています。ただしそれほど長い時間利用できるというわけではありません。自宅にパソコンがないという場合はなかなか技術を身に付けることができないということがあります。学生になった時に自分で購入するか、そちらの勉強をする学校に通うかということが必要になる場合もあります。どちらにしても社会に出るときには一定の技術は身につけておきたいです。パソコンのスキルといいますとプログラマーなどを思い出されるかもしれませんがそれだけではありません。オフィスで仕事をするのであれば多くの人が使用することになるのです。その時に初めて使用するとなると周りから遅れることにもなります。最初から出遅れるのはあまりよくないことです。事前にきちんと勉強していれば良いことですからしっかりと対応しておくようにします。勉強の仕方としてはいくつかの方法があります。自分なりに選ぶのが良いです。
その方法として良いのがIT資格を取るということです。資格を取るという目標があるので勉強しやすくなります。どのような資格を取るかは自由ですがまずは難易度の低いものから取得するのが良いということになります。国家資格においてもITの入門のようなものもあります。まずはそちらの合格を目指します。そちらが取得できれば上級を目指していきます。民間資格の中にはソフトウェアの利用を前提としたものがあります。こちらであれば技術力を証明することができます。会社においてそのソフトウェアが使われている場合でしたら就職においても評価されることになります。資格を取得するにつれて本格的にITについて興味を持つようになればプログラマーの資格を目指すということもあります。そうすればソフトウェア開発の会社においても評価されることになります。まずは簡単なものから、そして取得していくにつれて少しずつ難しいものを目指していくようにすると目標に近づけます。

Categories : 難易度
Comments コメントは受け付けていません。